さらふぁい さらふぁい

日々の暮らしの中のこと、ふと、しあわせ感じるひとこまと・・・
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

The Magical Forestツアー、終了。

企画制作 Real & True Office Ohsawa、

シニッカ・ランゲラン「The Magical Forest」日本ツアー、先週、終了。

今回の日本ツアーではシニッカからの発案で、演奏曲の歌詞の和訳を

会場で配布してはどうかということになり、

和訳を担当させていただいておりました。(英訳詞より和訳)

ツアーが終了して、個人的には今年前半の最大の山場を越した氣分で

ホッとしております。

 

シニッカとのツーショット写真は、待ち受けにした^^

 

歌詞の和訳資料は最終的には、Office Ohsawaさんのほうで編集、レイアウト、

四色刷り B5版・中綴じの小冊子として会場で販売することになる、

と聞いた時には、驚くやら、恐縮するやら、あらためて身が引き締まる思い。

 

14日に新潟を皮切りにツアーが始まって、

小冊子をお客様はお買い上げくださるのだろうか?

シニッカが歌詞を通して伝えたいことが、訳文で

ちゃんとお客様に届いているのだろうか?とやきもきする日々。

 

京都公演で、初めてシニッカのライブを体験した友人たちの

興奮冷めやらぬ感想には胸をなでおろし...。

 

20日に札幌入りしたシニッカから、

Dag Alveng撮影のフィンスコーゲンの写真が印象的な小冊子

手渡されてじわりじわりと実感が....。

 

ツアー千秋楽、21日に「くう」で行われた札幌公演、

格別に、歌がカンテレが心にしみました...。

おかげさまで小冊子とアルバムはけっこう売れて、

終演後「開演前に小冊子を買って読んでおいてよかった。

どんな歌なのかよくわかった。涙が出そうになった曲もあった。」

という声も聞かれてこちらが涙が出そうになりました。

 

また、シニッカご本人からも

「Chieなら、きっと翻訳を楽しんでできるだろうと思っていた。」

と言っていただいて...。

確かに、訳している時も、関連資料読みも、もうほんとうに楽しくて、

寝食を忘れないようにするのが大変でした。^^;;

 

小冊子をお買い上げくださったみなさま、ありがとうございました...。

 

今回、このような機会を与えてくださったシニッカと

Office Ohsawaさま、ほんとうにありがとうございました。

いい経験をさせていただきました。

私が不慣れなためにご迷惑をおかけした点もあったと思います。

ここはこうしておけばよかった、ああすればよかったと

反省点はありますが、今後に生かしていければ思っております。

ノルウェーのトロムソ在住の高峰さま

シニッカ来札の折にはいつもサポートをされているあらひろこさん、

札幌カンテレクラブのよこたにかずみさん 他有志の方々には、

大変お世話になりました。

また、北海道フィンランド協会フィンランド語講座水曜サークルの方々、

私からの急な問い合わせに答えてくれた友人、

応援しつづけてくれた友人にも、こころから感謝です。

 

今回、和訳を担当させていただくことになった経緯や

一編、一編の詞の訳に際しての印象深いエピソードもいろいろあるのですが、

それらについては、また、改めて。

 

そして、札幌公演の感想ももうちょっと書きたいのですが、

それもまた改めて。

 

また、今回、シニッカのライブを聴いて、

過去のアルバムにも興味が湧いた方がいらっしゃいましたら、

当ブログ過去記事に「Sinikka Langeland Discography アルバム一覧」も

ございます

 

さらに、当ブログの右側カラムの「RECOMMEND」欄には

(けっこう、ず〜っと右下↘↘↘ スマホでは残念ながら表示されません。)

シニッカ・ランゲランの全アルバム掲載(Amazonにリンク)。

ご購入をお考えの方はご参考になさってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sinikka Langeland    シニッカ・ランゲラン | permalink | comments(0) | -

カテゴリー「Sinikka Langeland」作りました。

ノルウェーのシンガー/カンテレ・プレイヤー、
 

Sinikka Langelandシニッカ・ランゲランの

音楽や詩の世界に関して、2010年の初来日以来、

 

個人的に調べたこと、ライヴで感じたこと、
 

シニッカご本人からうかがったことなどを綴ってきた記事を
 

カテゴリー「Sinikka Langeland シニッカ・ランゲラン」にまとめてみました。
 

右側カラムの「CATEGORIES」から入れます。 ⇒

(スマホの場合は、画面の一番下。)
 

各記事には、内容的に不正確な情報も含まれているかもしれませんが、


ご興味のある方がいらっしゃいましたら、
 

個人ブログの情報であることをご承知の上、お楽しみください。
 

 

また、当ブログの右側カラムの「RECOMMEND」欄

(けっこう、ず〜っと右下↘↘↘ スマホでは残念ながら表示されません。)

 

には、シニッカ・ランゲランの全アルバムを載せてあります。
 

Amazonにリンクを貼ってありますので、

 

ご購入をお考えの方はご参考になさってください。




 

 

 

 

 

Sinikka Langeland    シニッカ・ランゲラン | permalink | comments(0) | -

Sinikka Langeland Discography〜アルバム一覧

各タイトルには、Sinikka LangelandオフィシャルサイトのDiscography

(http://www.sinikka.no/discography/)へのリンクが貼ってあります。

オフィシャルサイトではアルバムのレビューなどを読むことができます。


以下のアルバム毎のコメントは、私の個人的な趣味から

主に歌詞に焦点を当てたものになっています。

 

 

 

 

 

The Magical Forest ( 2016 ECM records ) *

フィンスコーゲンに伝わる民俗詩や神話などから着想を得て

現実と神秘的な異次元世界とを幻想的につなぐ様々な物語を

バンドスタイルで歌う。
全9曲中、1曲のみインストゥルメンタル。

ECM: The Magical Forest 紹介ページ

The Magical Forest







 

 

参加ミュージシャン:

Sinikka Langeland : vocals, kantele ボーカル、カンテレ
Arve Henriksen : trumpet トランペット
Trygve Seim : soprano and tenor saxophone ソプラノサックス、テナーサックス
Anders Jormin : double bass ウッドベース
Markku Ounaskari : drums ドラム
Trio Medieaval : vocals ボーカル

 




The Half-Finished Heaven(2015 ECM records )*

Instrumental and 3 songs with poems by Tomas Tranströmer
全12曲。3曲はスウェーデンの詩人Tomas Tranströmerトーマス・トランストロンメルの詩&シニッカ作曲、

伝承曲1曲、8曲はインストゥルメンタル。

トーマス・トランストロンメルは、2011年にノーベル文学賞を受賞。

シニッカはトーマスのノーベル文学賞受賞を知る以前から

彼の詩にインスパイアされ作品作りをしていた。

 

2377 X

参加ミュージシャン:
バンド(カルテット)
Sinikka Langeland -- vocal, kantele ボーカル、カンテレ
Lars Anders Tomter -- vioa ヴィオラ
Trygve Seim -- tenor saxophone テナー・サキソフォン
Markku Ounaskari -- percussion パーカッション 



The Land That is Not(2011 ECM)*

Edith Södergranの詩(7曲)とOlav H.Haugeの詩(4曲)を
オリジナルメロディでシニッカが歌う。全11曲。

Edith Södergran(1892〜1923)は、フィンランド・カレリア生まれの
スウェーデン語系フィンランド人。31歳で夭折した北欧モダニズム詩の先駆者。
Olav H.Hauge(1908~1994)はノルウェーの詩人。

アルバムタイトルは、Edith Södergranの最後の詩集のタイトルより。

当ブログ関連記事。

待ちのぞむ魂〜スーデルグランの詩と生涯』(2013.09.02)

The Land That Is Not』(2013.09.02)

アルバム『The Land That Is Not』〜Olav H. Haugeの詩』(2013.09.05)

ECM : The Land That Is Not 紹介ページ

Cover The Land That Is Not

Sinikka Langeland: vocal, kantele ボーカル、カンテレ
Arve Henriksen: trumpet トランペット 
Trygve Seim: tenor and soprano saxophones テナー・サキソフォン、ソプラノ・サキソフォン
Anders Jormin: double-bass ウッドベース
Markku Ounaskari: drum ドラム


 


Maria’s Song(2009 ECM)*

ノルウェーの伝統音楽とバッハのバロック音楽。

Marias_song

Sinikka Langeland: Voice, Kantele ボーカル、カンテレ
Lars Anders Tomter: Viola ヴィオラ
Kåre Nordstoga: Organ オルガン(ヴェルクマイスター・チューニング。ピッチ:453Hz


 


Starflowers(2007 ECM)*

Inspired by the old impovisation-tradition on kantele.

ノルウェーの詩人Hans Børliハンス・ビョルリ(1918-89)の詩を題材。

全13曲。

starflowers

Sinikka Langeland: Vocal, Kantele ボーカル、カンテレ
Arve Henriksen: trumpet トランペット
Trygve Seim: soprano and tenor saxophones ソプラノ・サキソフォン、テナー・サキソフォン
Anders Jormin: double-bass ウッドベース
Markku Ounaskari: percussion パーカッション

 

 


Runoja(2002 Heilo / Grappa)*ライナーノーツ

Rune Songs From Finnskogen
フィンスコーゲンに伝わる民俗詩をバンドスタイルで歌う。

Sinikka Langeland: Vocal, Kantele ボーカル、カンテレ
Bjørn Kjellemyr: Bass ベース
Pål Thowsen: Drum ドラム
Arve Henriksen: trumpet トランペット



Tirun Lirun(2001 Nordic World

Rune Songs of the Skogfinns
ノルウェーのSkogfinns(=「森のフィン族」)に伝わる民俗詩を歌う。


参加ミュージシャン:
Sinikka Langeland ボーカル、カンテレ

 



Kyriekoral(2005 Nordic Sound

Norwegian Folk Hymns and Bach Chorales
kyriekoral
参加ミュージシャン: 
Sinikka Langeland:folksong ボーカル
Kåre Nordstoga:organ オルガン

 



Påsketona(2004 Nordic Sound)*

Folk Hymns / J.S. Bach
イースター聖歌/バッハコラール。ライナーノーツには英語解説も記載。


参加ミュージシャン:
Sinikka Langeland: folksong ボーカル
Kåre Nordstoga: The Baroque Organ at Nidaros Cathedral  ニーダロス大聖堂のバロックオルガン




Stjerneklang(2002 Heilo / Grappa
(英訳 star timbre?)

Norske folketoner og Bachs Julekoraler
ノルウェー伝承曲/バッハのクリスマスキャロルをシニッカが歌う。

Sinikka Langeland: folksong ボーカル
Andreas Liebig: Wagner-orgel (1741) i Nidarosdomen ニーダロス大聖堂のWagnerオルガン




Lille Rosa - kjærlighetsballader(2000 Grappa)*
(英訳:little rose -  love ballads)

Tolv kjærlighetsballader... 
中世ノルウェーのラヴ・バラッドをシニッカが歌う。
全12曲。ライナーノーツには英語解説も記載。

lille_rosa
参加ミュージシャン:
Sinikka Langeland:ボーカル、カンテレ



 

Strengen Var Af Røde Guld(1997 Grappa)*

(英訳 The string Was Of Red Gold)
ノルウェーの中世バラッド。全23曲。ライナーノーツには英語解説も記載。

Sinikka synger 23 ballader og viser som ble skrevet ned av folkemusikksamleren Ludvig Mathias Lindeman sommeren 1864.
民族音楽の収集家Ludvig Mathias Lindemanが1864年に書き残した23のバラッドをシニッカが歌う。


参加ミュージシャン:

Sinikka Langeland:ボーカル、カンテレ

 


Har Du Lyttet Til Elvene Om Natta(1995 Grappa

(英訳:Have You Listened To The rivers About Natta)

Dikt av Hans Børli. Musikk av Sinikka Langeland.
孤高の詩人Hans Børliの詩&作曲シニッカ

har_du_lyttet_til_elvene_om_natta
参加ミュージシャン:

Sinikka Langeland: Vocal, Kantele ボーカル、カンテレ
Anders Jormin: Bass ベース
Morten Halle: Saksofon サキソフォン
Peter Finger: Guitar ギター
Anders Engen: Perkusjon パーカッション



Langt Innpå Skoga(1994 Grappa)(ライナーノーツ、ノルウェー語のみ)
(英訳:Far in the woods)

Sinikka's første CD. Her presenterer hun både egne viser og tradisjonsmusikk fra Solør og Finnskogen.
ファーストアルバム。Solør地方、Finnskogen地方のトラッド/オリジナル曲をシニッカが歌う。

langt_innpaa_skoga
参加ミュージシャン:
Sinikka Langeland: Vocal, Kantele ボーカル、カンテレ
Mari Eggen: fele フィドル
Morten Halle: Saksofon サキソフォン
Terje Gewelt: Bass ベース
Lage Børresen: Perkusjon パーカッション
Erik Bergene: Akkordeon アコーディオン
Ove Berg: 5-strengs kantele  5弦カンテレ



 

 

 

 

Sinikka Langeland    シニッカ・ランゲラン | permalink | comments(0) | -

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

今年も年末年始はスマホやパソコンの使用を控えて

夫や親戚と、にぎやかに過ごしていました。

 

昨年お世話になったみなさまに心から感謝申し上げます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

写真:昨年、いただいた手ぬぐい(伊藤若冲の鸚鵡図)^^

 

 

 

 

 

ごあいさつ | permalink | comments(0) | -

イオンモール札幌平岡へのアクセス

「イオンモール札幌平岡」のサイト、アクセス案内
http://www.aeon.jp/sc/sapporohiraoka/access/

 

*JR北海道、札幌の地下鉄、中央バスは、suicaなどのICカードも使えます。
http://www.jreast.co.jp/Suica/area/sapica/index.html

 

*空港から札幌都心へ直接向かう「バス」は、冬季間は

天候、路面状況によって大幅に遅延する恐れがあるのでお勧めできません。

 

〜〜〜 空港から直接「イオンモール札幌平岡」へ行く場合 〜〜〜

☆新千歳空港から
JR「千歳線」「札幌方面」(快速エアポートが便利)乗車、「新札幌」下車。¥880(約30分)

↓↓↓ 乗り換え 
地下鉄「東西線」乗車、「新札幌」→「大谷地」下車。¥200(約5分)
↓↓↓ 乗り換え
大谷地バスターミナルより
平岡ニュータウン線[大66/大67]、イオンモール札幌平岡」(バス停B)下車。

9時以降、毎時06分、26分、46分 ¥210(約20分)

(地下鉄←→バス乗り継ぎ割引あり)

大谷地・柏台線[大69]「イオンモール札幌平岡」(バス停A平岡中学側)下車。

9時以降、毎時10分、40分 ¥210(約15分)

(地下鉄←→バス乗り継ぎ割引あり)

大谷地バスターミナル発「中央バス」時刻表:
http://www.bustei.com/timetable/index/2129/2009

☆何人かで乗り合わせできそうなら
「新札幌」駅からタクシーで約20分。
「大谷地」駅からタクシーで約15分。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 

〜〜〜 札幌都心のホテルなどから向かう場合 〜〜〜〜
地下鉄「東西線」「新札幌方面」乗車、

「大谷地」駅からバス[大66/大67/大69]かタクシー
大谷地バスターミナル発のバス時刻は、上記参照。↑↑↑↑↑

地下鉄「東豊線」「福住方面」乗車、

「福住」駅からバス[福99/福51]かタクシー
福住駅発「中央バス」時刻表:
http://www.bustei.com/timetable/index/2925/2009

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 

- | permalink | comments(0) | -

丹下健三 いにしえから天へ地平へ

2006年に放送された『丹下健三 いにしえから天へ地平へ』、
2年くらい前に再放送で見て痛く感じ入り、再再放送を願っていた番組。
今日の午前中、たまたまNHKBSをつけたら、ちょうど始まったところであわてて録画。

番組詳細(NHKのサイトよりコピー):
戦後日本の建築界で、最も大きな足跡を残した建築家・丹下健三(1913〜2005)。
広島平和記念公園、代々木体育館、東京カテドラル聖マリア大聖堂、
建築家・丹下健三のおもな作品を紹介し、その人生をトレースするとともに、
多くの証言と資料によって、日本的なるものの先に何を見たのか、丹下健三の本質と夢に迫る。

https://bh.pid.nhk.or.jp/pidh07/ProgramIntro/Show.do?pkey=107-20140618-10-30063
 
- | permalink | comments(0) | -

2/28(日)15:00、カルデミンミット札幌公演

Kardemimmit フライヤー1

美しいコーラスと伝統楽器カンテレで魅了する
フィンランド・フォークミュージック界の「妹」たち。 
Kardemimmit カルデミンミット札幌公演
 
(オープニングアクト)RAUMA(馬頭琴・喉歌/嵯峨治彦、カンテレ/あらひろこ 
 
(日時)2016年2月28日(日)14:30開場 15:00開演 
 
(会場)サンピアザ劇場(地下鉄東西線「新さっぽろ駅」/JR「新札幌駅」)
    
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7−2
    TEL:011-890-2458 
    アクセス:
    
http://www.arc-city.com/sunpi-theater/contents/access/
    お車でお越しの際は、新さっぽろアークシティ駐車場をご利用いただけます。

 
(料金)3,000円(全席自由) 

(チケットお取り扱い)大丸プレイガイド  
    札幌市中央区南1西3、大丸藤井セントラルビル1F
    TEL:011−221−3900
              
(ご予約・お問い合わせ)あらひろこ arahiroko@hotmail.com
 メールでのチケットご予約方法:
 あらひろこ(arahiroko@hotmail.com)あて
「カルデミンミット札幌公演チケット」と明記のうえ、  
「お名前・ご住所・枚数」をお知らせください。  
お振込ご案内とともにチケットをお送りいたします。  
なお、「当日受付にてチケットお受け取り/ご精算」をご希望の方は、  
お申し込み時のメールでお伝えください。  
また、2月20日以降のご予約は、行き違い防止のため、  
「当日受付にてチケットお受け取り/ご精算」のみとさせていただきます。  
ご了承ください。 

 
(主催)カルデミンミット札幌公演実行委員会 
    株式会社ワンエイトクリエーション 
    株式会社ハーモニーフィールズ

 
(後援)札幌市・札幌市教育委員会、
    北海道フィンランド協会
    日本カンテレ友の会 


カルデミンミット プロフィール
2012年 3枚目のアルバム『Autio huvila』が
フィンランド・フォークミュージック協会
【フォーク・ミュージック・アルバム・オブ・ザ・イヤー】に選ばれる。
2009年/2010年 Uusimaa地方【グループ・オブ・ザ・イヤー選出】
2005年 フィンランド・カンテレ協会主催
「ナショナル・カンテレ・グループ・コンテスト」【優勝】
2004年 フィンランド・カンテレ協会
「カンテレ・グループ・オブ・ザ・イヤー」【選出】

Kardemimmitは、Maija Pokela(マイヤ・ポケラ)、
Jutta Rahmel(ユッタ・ラーメル)、
Anna Wegelius(アンナ・ヴェゲリウス)、
Leeni Wegelius(レーニ・ヴェゲリウス) の
4人の女性フォーク ミュージックグループ。
4人全員が歌をうたい、15弦と38弦のカンテレ
(フィンランドの民族楽器)を演奏する。
演奏曲のレパートリーは、古いフィンランドの詩などを題材に
メンバーが作曲したモダン・フォークミュージックが中心。
【レキ・スタイルの歌唱法】 【Perhonjoki valley地方のカンテレスタイル】
【カレリア地方のスモール・カンテレ】
【ルノ(フィンランドの詩)の歌の伝統】
【古いスタイルのインプロヴィゼーション】 といった、
フィンランドの東部と西部それぞれの地域に古くから伝承されて
根付いてきた音楽を深く研究し、伝統に敬意を払い吸収した上で演奏される、
軽やかでありながら深みを感じさせる息の合った音楽、 絶妙なハーモニー、
カンテレの響きと瑞々しい歌声が何よりの魅力となっている。
若いながらも、グループとしてのキャリアは10年以上にわたり、
フィンランド南部Espooエスポーの音楽学校Juvenaliaに学んでいた十代の頃から、
フェスティバル等で多くのパフォーマンスをこなし、キャリアを積んできた。
フィンランドのフォークフェスティバル等では、『妹』のように愛され、
たいへん人気のあるグループとなっている。
これまでフィンランドでは、Kaustinenフォークミュージックフェスティバル
Haapavesiフォークミュージックフェスティバルフォークランディア・クルーズ
アスレチックス・ワールド・ チャンピオンシップ・ガラ等の
名門フェスティバルなどで100以上の公演実績があり、海外公演も果たしている。


草原と森の情景でオープニングを飾る Rauma プロフィール
モンゴルの楽器・馬頭琴と草原の不思議な歌唱法ホーミーを操る嵯峨治彦と、
フィンランドの伝統楽器カンテレを弾くあらひろこによるデュオ。
ユニークな組み合わせの幻想的な音色と奔放な演奏で、独自の音楽世界を展開。
2009年の結成以来、各地で公演を重ねている。
2013年フィンランドで開催された 国際カンテレ・コンペティション
(アンサンブル対象)プロフェッショナル部門において、準優勝。


フライヤー裏

 Kardemimmit フライヤー2

カルデミンミット・日本ツアー、札幌公演以降の詳細は、
ハーモニーフィールズさんのサイトをご覧ください。
kantele/Finland | permalink | comments(0) | -

沖縄フェア@イオンモール札幌平岡

今年も、9日(土)〜11日(月・祝)、

イオンモール札幌平岡で「沖縄フェア」が開催されます。

今日のイオンモール平岡のチラシ ↓
沖縄フェア

1階センターコートでは、9日、10日に、ゆいゆいシスターズのライブ。

10日(日)は14:50〜15:20、「ラジオ沖縄」の生中継、公開放送です♪


イオンモール札幌平岡へのアクセス
http://www.aeon.jp/sc/sapporohiraoka/access/

 

☆新千歳空港から
JR千歳線「札幌方面」(快速エアポートが便利)乗車、「新札幌」下車。(約30分)
  ↓↓↓ 乗り換え 
地下鉄東西線乗車、「大谷地」下車。
  ↓↓↓ 乗り換え
大谷地バスターミナルより
◎平岡ニュータウン線[大66/大67]で「イオンモール札幌平岡」(バス停B)下車。¥210 所要時間約20分。
 9時以降、毎時06分、26分、46分

◎大谷地・柏台線[大69]で「イオンモール札幌平岡」(バス停A平岡中学側)下車。¥210。所要時間約15分。
 9時以降、毎時10分、40分

 大谷地バスターミナル発「中央バス」時刻表:
 http://www.bustei.com/timetable/index/2129/2009
〜〜〜 上記が費用節約コース 〜〜〜


 

〜〜〜 何人かで乗り合わせできそうなら 〜〜〜〜
◎「新札幌」駅からタクシーで約20分。
◎「大谷地」駅からタクシーで約15分。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


 

JR北海道、札幌の地下鉄、中央バスは、suicaなどのICカードも使えます。
http://www.jreast.co.jp/Suica/area/sapica/index.html



 

☆札幌都心のホテルなどから向かう場合
◎地下鉄「東西線」「新札幌方面」乗車、「大谷地」駅からバス[大66/大67/大69]かタクシー。
 大谷地バスターミナル発「中央バス」時刻表:
 http://www.bustei.com/timetable/index/2129/2009

◎地下鉄「東豊線」「福住方面」乗車、「福住」駅からバス[福99/福51]かタクシー。
 福住駅発「中央バス」時刻表:
 http://www.bustei.com/timetable/index/2925/2009




 

- | permalink | comments(0) | -

サッポロビール園 アクセス

中央バス / サッポロビール園・アリオ線[188]
「札幌駅北口」←→「サッポロビール園」直通バス
路線図、時刻表、料金:¥210

http://www.bus-route.net/sapporo/line_188



中央バス / さっぽろうぉ〜く (サッポロビール園・ファクトリー線[環88])
「札幌駅周辺・大通地区」
←→「サッポロファクトリー/サッポロビール園」路線バス

バス路線図、時刻表、料金:¥210
http://www.bus-route.net/sapporo/line_kan88
- | permalink | comments(0) | -

あけましておめでとうございます

Kardemimmit

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

 

昨年は、マンションの大規模修繕工事の影響で

しばらく体調を崩していましたが、

11月くらいからやっといつものペースに戻って過ごしておりました。

昨年お世話になったみなさまに心から感謝申し上げます。

今年もよろしくお願いいたします。



さて、今年、一番の楽しみは、

4人の歌声と伝統楽器カンテレが織りなす美しいハーモニーが

とてもすてきなフィンランドのフォークグループ

Kardemimmitカルデミンミットの来日公演です。

札幌公演は、2月28日(日)15時開演@サンピアザ劇場。料金:¥3,000

札幌公演詳細はこちら。
http://white.ap.teacup.com/kantele/2122.html

札幌公演以外のスケジュールは、ハーモニーフィールズさんのサイトをごらんください。
http://www.harmony-fields.com/a-kardemimmit/index.html











 

ordinary life | permalink | comments(0) | -
PROFILE
そらのいろににている
そらのいろににている        さらふぁいの           そらの写真のサイトです      よろしかったらご覧下さい                携帯からはこちら        そらのいろににている
  
日めくりカレンダー
     
地球暦
  
ARCHIVES
LINKS
RECENT COMMENTS
RECOMMEND
RECOMMEND
ONNI しあわせ
ONNI しあわせ (JUGEMレビュー »)
KARDEMIMMIT カルデミンミット
RECOMMEND
ザ・ランド・ザット・イズ・ノット
ザ・ランド・ザット・イズ・ノット (JUGEMレビュー »)
シニッカ・ランゲラン・グループ
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Runoja
Runoja (JUGEMレビュー »)
Sinikka Langeland
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
なるほどの対話
なるほどの対話 (JUGEMレビュー »)
河合 隼雄,吉本 ばなな
RECOMMEND
音楽力
音楽力 (JUGEMレビュー »)
日野原 重明,湯川 れい子
RECOMMEND
聴いて学ぶ アイルランド音楽 (CD付き)
聴いて学ぶ アイルランド音楽 (CD付き) (JUGEMレビュー »)
ドロシア ハスト,スタンリー スコット
RECOMMEND
RECOMMEND
ワイド・ワールド・オーヴァー~~ザ・チーフタンズ・グレイテスト・ヒッツ
ワイド・ワールド・オーヴァー~~ザ・チーフタンズ・グレイテスト・ヒッツ (JUGEMレビュー »)
ザ・チーフタンズ, シネイド・オコナー, ザ・コアーズ, リッキー・スキャッグス, ジョニ・ミッチェル
RECOMMEND
RECOMMEND
The Secret Of Roan Inish: A New Film By John Sayles
The Secret Of Roan Inish: A New Film By John Sayles (JUGEMレビュー »)
Original Soundtrack
映画「フィオナの海」
サウンドトラック輸入盤
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS